【寝ても疲れがとれない】実体験から語るとっておきの秘訣‼︎

コーチング

おはよーございます♫

したい事が多すぎて気づいたら寝不足になってるが毎日が楽しいStress・Bodyコーチング代表の田中です‼︎

今回は【寝ても疲れがとれない】実体験から語るとっておきの秘訣‼︎というテーマでお伝えしていきます♫

今回の講義を最後まで観ていただくと、睡眠効率が爆発的に上がります♫細かく言うと、睡眠の公式が分かったり、ホルモンからの睡眠の考え方の把握、睡眠を上げる方法が分かります♫

  • 目次:
  • *睡眠=時間×質
  • *成長ホルモンの特徴2選
  • *メラトニンの特徴2選
  • *ホルモンから考える睡眠を上げる方法

皆さん睡眠をしっかりとれていますか♫⁇私は昔〜ストレスで睡眠障害で悩まされた時期がありました♫

睡眠アプリとかで測定しても睡眠効率30%とかもありました笑笑。

でも睡眠って本当に大事やなと実感したのが、実体験として2年前かな。ストレスで寝れない、胃の調子が悪くて食べれないし動けないという経験をしました。

そして20代なのに胃カメラもして薬ずっと飲んでた時期がありました‼︎今ではストレスもなく毎日楽しく過ごしてるんで睡眠について悩むことは全くありませんが悩んでる人の気持ちは人一倍分かります♫

そこでそんな人達のために何か役に立てないかなと思い情報発信しています‼︎

まず睡眠の公式はご存知ですか⁇

『睡眠=時間×質』

この公式であらわされます♫

時間が寝れないという悩みの人も居るだろうし、質が悪くて何回も目が覚めてしまうという悩みの方もいると思います‼︎

同時に合わさった時なんて本当にメンタル的にもキツいですよね♫

そこで睡眠についての知識をまずはしっかりつけていきましょう‼︎

睡眠を知る上で欠かせないのは2つのホルモンの働きですね♫

①成長ホルモン

②メラトニン

この2つは覚えておきましょう!

①成長ホルモンの特徴としては、

*寝はじめ2時間に大量分泌される

*血糖値が高いと分泌量が減る

*時間帯は午後10時から午前2時に最大

*成長ホルモンは子供では成長を促す

*大人では日中の心身の疲れ、ストレスを解放、組織を修復、老化の進行を抑制します。 

この成長ホルモンの分泌低下によって、生活習慣病、老化を促進してしまうと言われてるので注意しましょう‼︎

なので方法としては、寝る時間帯の意識を持つのがいいですね♫

②メラトニンの分泌量は、

熟眠ホルモンであると同時に、細胞修復ホルモンと報告されてます♫アンチエイジング効果やガン抑制効果もあると言われ注目されてますね♫

他のメラトニンの特徴としては、

*寝る前に大量分泌される

*明るい光を見ると分泌量が減ってしまう

このような特徴があるため、睡眠の質を上げようと思うと明るい光、つまりスマホ・iPhoneの光とかは睡眠の質を下げてしまいます‼︎

私も実行してますが、寝室に入ったら触らないなどルールを決めておくと良いですよ♫

あとは大きい問題として、

「交感神経のまま寝ている」があります‼︎

睡眠には自律神経が非常に関与していて、人間には交感神経と副交感神経があります。

簡単に説明すると、

「交感神経」優位の状態が活動モード。

「副交感神経」優位の状態がリラックスモードと置き換える事ができます♫

けっこー考え事が多くなってる状態で、寝ようとしてもこの交感神経が優位になっている状態なので、寝つきにくかったりに繋がるのです‼︎

なのでこれぼくもよくしてた方法なんですが、呼吸状態に意識を向けて欲しいんですね♫

交感神経が優位になると、呼吸が浅くなったり速くなったりしていると思います♫

なのでこれを深く、ゆっくりを意識していくと副交感神経への切り替えに繋がるので試してみてください♫

『まとめ』

【寝ても疲れがとれない】とっておきの秘訣‼︎

睡眠の公式は⁇

『睡眠=時間×質』

睡眠で欠かせない2つのホルモンは⁇

①成長ホルモン

②メラトニン

①成長ホルモンの特徴

*寝はじめ2時間に大量分泌される

*血糖値が高いと分泌量が減る

*時間帯は午後10時から午前2時に最大

*成長ホルモンは子供では成長を促す

*大人では日中の心身の疲れ、ストレスを解放、組織を修復、老化の進行を抑制します。 

②メラトニンの特徴

*熟眠ホルモン

*細胞修復ホルモン

*アンチエイジング効果

*ガン抑制効果

*寝る前に大量分泌される

*明るい光を見ると分泌量が減ってしまう

本日は以上になります。

是非参考にしてみて下さい。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

動画もあるのでよければ見ていって下さい♫

【寝ても疲れがとれない】実体験から語るとっておきの秘訣‼︎

StressBodyコーチング代表 田中正道

コメント