睡眠のための枕の考え方

未分類

睡眠のための枕の考え方

市販で売られている一般的な枕のサイズを考えましょう。

大きく3つに分類できます。

小柄な人向きの35×5055cm

中柄の人向きの43×63cm

大柄の人向きには50×70cm

この3つが日本の枕の標準サイズ。

枕を選ぶ時の1つのポイント

『寝返りの大きさ』です。

実は「寝返り」は快眠にとって大変重要な要素なのです。

(例)

小さいサイズを購入

寝返りが大きい人

枕から頭が落ちる

睡眠の質低下。

もともと寝返りの効果

睡眠中の寝姿勢を無意識に調整する働き

一定部位に圧力・負担を減らす効果

血液の流れをスムーズにする効果

ムレを感じにくくする換気

利き手・利き足や身体のクセから生まれる歪みを整える効果もある。

⚪︎肩こり・腰痛なども枕を変える事で無くなることも多々報告されています。

首・肩・背中の筋肉の疲労

固く緊張して血行不良を引き起こす

疲労物質の蓄積でコリや痛みを起こす。

身体をリラックスさせる枕選びのチェックポイント3つ。

「高さ・構造・素材」です。

①高さ

敷ふとんと頭部・頸部のあいだにできたすき間をきちんと埋めてくれる“高さ”が理想

②構造

首筋をやさしく支え後頭部の丸みを自然に受けとめる工夫のされた形状。

両サイドはやや高めで横向き寝にも対応し無理なく寝返りがうてることなどがあげられます。

③素材

どの素材にも一長一短があり、これが1番というものはありません。

日頃から使い慣れた素材の感触は違和感なく馴染みやすいといわれているので参考にしてみて下さい。

動画もあるのでよければみて行って下さい

熟睡間違いなし‼︎睡眠のための枕の考え方


コメント