胃の食事のポイント

未分類

胃の食事のポイント

胃腸の調子が悪い時に避けるべきもの

主に3つあります。

①胃酸を刺激するもの

②極端に冷たいもの

③繊維質の多いもの。

脂肪分の高い食品を食べすぎる

胃酸の分泌量が増える

逆流性食道炎などにもなります。

柑橘系の酸味の強いジュースや炭酸飲料

胃の中を酸性に傾けてしまうのでダメ。

冷たいものの取りすぎは

消化不良を起こすことがある

繊維質の多い野菜

胃への負担が大きい

消化に時間がかかる

胃をさらに疲れさせる。

⚪︎胃に優しい調理のポイントは?

繊維や脂肪分の少ない食材を厳選する

小さく切り、煮る、蒸す、ゆでる、ホイル焼きにするなどの方法で調理すること。

胃が弱った時はどんなものを食べればいい?

胃にやさしい食べ物にシフトするだけで症状が軽快するのを実感できるかも。

おすすめはまず、消化の良いもの。

例えば水分の多いおかゆやポタージュスープなどならベストです。

脂肪の少ないもの

胃の調子が悪い状態が長く続く場合、おかゆや野菜のポタージュだけではタンパク質が不足するのも心配です。

そんな時は、脂肪分の少ない鶏のささみや、皮を外した鶏もも肉、白身の魚などを少量とるのが良いです。

脂肪をたくさん摂取すると

胃酸が増えて

胃粘膜を刺激する場合がある。

脂肪分の多い肉類や青魚、油脂類、バターやマヨネーズなどは控えるように。

繊維の少ないもの

野菜をとる際に気をつけるのが繊維。

繊維が少なく胃にやさしいのは

にんじん・じゃがいも。

果物では

リンゴやバナナがおすすめ。

 一般に「胃にやさしい」と言われている食べ物について、細かく説明します。

脂肪の少ないものがベストです。鶏ささみ、鶏もも(皮を除く)、赤身の牛肉など。ただし牛肉は、ごく薄く切り、味付けは薄めにします。いくら赤身でも、血が滴るようなステーキなどは、胃にやさしいとは言えません。

脂の多いサバやウナギなどは避け、たらやたい、カレイなどの白身の魚を選びましょう。調理法は煮魚や蒸し物で。

半熟にゆでた卵、茶碗蒸しなどは胃にやさしく食べやすく、理想的です。

豆腐 

消化の良い食品の代表のような豆腐。どう食べても大丈夫ですが、湯豆腐や冷奴の薬味などで、刺激の強いものをいっしょにとってしまうと逆効果になるので注意して下さい。

野菜

消化に時間がかかり、食べ物が胃に滞在する時間が増えるのは、胃に負担をかけるもとになります。じゃがいもやにんじん、かぼちゃなど食物繊維が少ない野菜を食べておきましょう。

うどん

うどんは消化吸収がよいので、胃が弱っているときにもおすすめの食材。つるつると食べやすいので食欲がないときにもおすすめです。冷たいサラダうどんなどではなく、温かい出汁でいただくメニュー、しかも脂分の少ない卵とじうどんなどが理想的です。

ごはん

おかゆ。米1に対して水が10の割合で作った五分粥などを、少量の梅干しやおかかなどでいただきます。

飲み物

炭酸飲料や冷たい飲み物は避け

刺激の少ないほうじ茶、白湯などが良い。

胃を荒らしそうなコーヒーは、意外なことに消化を助け、ストレスも軽減させるというお役立ち効果もありますが、それは胃の調子が良いときの話。弱っている胃にはやはりコーヒーは刺激物なので、避けたほうが無難です。

動画もあるのでよければみて行って下さい

胃腸症状改善。食事のポイント

コメント